Skip to content

赤坂でシガーバー|Bar kokage

大門でとんかつの後、友人に連れられて赤坂のシガーバーへ。

ノンフィクション作家「開高健」が日参したという「Bar Kokage」です。しっとりとした雰囲気、静かな空間で葉巻をくゆらせながらシングルモルトを飲みます。

ミントがたっぷり利いたモヒートをいただいた後に、ハバナ産のシガーをマスターがチョイスしてくれました。

 
葉巻
 

葉巻は火が消えない程度にゆっくり、たっぷり吸い込みます。甘くてスモーキーな味わいが口の中に広がります。急いで吸い込むと辛みがでます。やってみたらまさにその通り。ゆっくりと吸わないと、おいしく味わえない。そんなこだわりがあるのがシガーなんですね。

シガーのお供は「アードベック」「ラガヴーリン」と、アイラの中でも飛び切りピーティなシングルモルトをいただきます。

ゆっくりと楽しんで、最後は「ウンダーベルク」で締めました。

 
ウンダーベルグ
 

ハーブの食後酒だそうです。薬のような小瓶に入っています。ソーダ割りでいただきました。爽やかなハーブの香りでサッパリするのですが、アルコールは強めです。普段はあまり体験できない、シガーバーでのゆっくりした時間でした : )