Skip to content

初期ユーザーは「売る」対象ではなく「学ぶ」対象である

スタートアップのマーケティングに携わる人たちに共有したいブログのエントリーです。

 
群衆を惹きつけようとするのはやめよう~ただ人々を助けよう(全訳)
http://kyouki.hatenablog.com/entry/2014/06/14/091639

カナダの企業家「Justin Jackson氏」の記事の全訳と解説です。マーケティング全般、リサーチでもプロモーションでも示唆に富むコメントがあります。

わかってきた大事な鍵は、何かを自分の製品を作る前に、自分のオーディエンス(聴衆、ファン)をつくる必要があるということだ。オーディエンスをマーケティングのためにではなく、「学ぶ」ためにつくる必要がある。

商品の初期採用者を「売る」対象としてではなく、自らが「学ぶ」対象とすることで、マーケティングのやり方に分かりやすい道が見えてきます。リーン・スタートアップの考え方にも近いです。

商品の初期採用者を「学ぶ」対象とすると、そこにリサーチの価値がぐんと高くなり、聞くことがプロモーションにもつながる、「聞くプロモーション」の本質が見えてきます。

クライアントへの提案にも、こんなアプローチをしていきたいです。

Photo by Tela Chhe