Skip to content

2014年6月のTracksChart|Toots and the Maytalsばかり聴いてました

2014年6月のTracksChartです。
 

トラックチャート

trackschart1406
 
梅雨前の蒸し暑い日々のせいでレゲエ熱に侵されて。Toots and the Maytalsばかり聴いてました。

レゲエを成立させた歴史的名曲「Do The Raggay」は。まったくそれにふさわしい。ハートビートとカッティングギターと、レゲエの成立を祝福するかのようなホーンで迎えられます。

それから、レゲエの古典「Pressure Drop」。ハートビートと小粋なハミングと。虐げられるものたちのか細さをリリックにのせて唄います。クラッシュやスペシャルズなど、多くのアーティストにもカバーされた、レゲエサウンドの定番を聴くことができます。

アルバムチャート

albumchart1406
 
トゥーツに続くのは、「バーニング・スピア」と、「ジミークリフ」。レゲエの創世記をボブ・マーリィとともに支えたルーツロック・レゲエの旗手たちです。

そして「SuperHeavy」。ボブ・マーリィの息子「ダミアン・マーリィ」が参加するスペシャルバンドです。今年の夏はレゲエ熱が止まりそうにありません : )